電子書籍アプリとiBeaconの応用事例





電子書籍アプリは出版を超える



電子書籍のようなデジタルコンテンツは、スマホなどの移動体通信端末での利用には「ユーザの居る場所」が重要な意味を持つことになります。つまりその場所で最もタイムリーかつ最適なコンテンツを伝える事が出来る「ロケーションマーケティング」が可能になるということです。雑誌や書籍をそのコンテンツを最も求められるであろう人・場所に提供する事が出来ます。 インターネットを駆使した電子書籍アプリは単なるデジタル化されたコンテンツを超えた、コンピュータアプリケーションとして多様な使い方と数々のメリットをユーザ及び著者にもたらします。旅行先で空港に到着したら、自分のスマホに現地のガイドブック、旅行雑誌が表示され、さらにイベントのお知らせが通知されたりする事ができれば、ブックスタンドに寄ってガイドブックを探して買う必要もありません。またトランジットの間でもスマホから電子雑誌の閲覧が出来れば、待ち時間も気にならないかもしれません。そんな事が、電子書籍アプリとiBeaconの組合せによって実現します。













≫ PressPadの電子書籍アプリがiBeaconからの信号を受けるとアプリが反応し、対応した電子雑誌・電子書籍が自由に閲覧できる。

≫ クーポンなどの発行も出来るため、ユーザに購読をさせるだけでなく、欲しい情報を最適な場所で与え、且つ誘導もできる。



PressPadならSaaSのため簡単に始められます



電子出版を自社内だけで行うとなると、システムの構築や機器購入などで数百万~一千万程度の費用と運営管理者の確保が必要です。この額の投資が出来る企業は数えるほどしかありません。SaaSで提供されるPressPadのLoungeサービスなら使用料を支払う事で開発の投資もリスクもなしにサービスを開始できます。





<< 戻る