Broadcastingによる新たな電子出版サービスの市場



(サイネージ・オン・モバイル)





サイネージ・オン・モバイルとは



コンテンツをアプリケーションとしてモバイル端末に配信する電子出版サービスは、新たなIoTメディアへと変貌しその可能性を広げています。 特にコンテンツを制御する仕組みとユーザに直接配信するモバイル環境への対応は、全く新しい市場を創り出します。今までテレビなどのメディアで行っていた広告宣伝や災害情報などの同一コンテンツを配信するブロードキャスティングサービスが注目されます。サイネージ・オン・モバイルは特売セール情報、店舗情報、災害時情報などの広告宣伝コンテンツをiBeaconの設置されたエリア (ショッピングモールの店舗、地域内の病院、美容院、ラウンジなど)、のスマホに直接配信することにより、大型モニターなどの設置機材の必要もなくデジタルサイネージが実現できるサービスです。









① 店舗または提供エリア内に入るとビーコンを受信したスマホのアプリがエリア内であることを認識。



② 端末に「お知らせ通知」が表示され、ユーザに情報の受信を知らせる。



③ ユーザはアプリを起動すると、今日のイベント情報、店舗情報、避難経路などの情報が配信される。



≫ デジタルサイネージなどで使う大型ディスプレイ、ネットワークなどの設置は要りません。



≫ 各店舗、休憩場所などにBeacon発信器を取り付けるだけで電源もネットワークも必要ありません。



≫ モール内でのエリア限定情報、クーポンなどをスマホに配信することでタイムリーな情報で販売を促す。



≫ 緊急時の避難経路などのモール固有のエリア情報も的確に配信できる。



電子出版サービスは単に紙を電子化しただけの本から、色々な事が出来るアプリケーションへと変化しています。動画や音声はもちろん、コンテンツ検索、購読制御、セキュリティ保護、互換性保障、読者との直接的コミュニケーションなど、多くの使い方が考えられます。電子化はデジタル化であり、デジタル化はプロセス化を意味し、単なる紙に記した記号からコンピュータが読めるプログラムになる事を意味します。





<< 戻る