会員向け広報誌の電子出版サービスについて





特定読者への出版サービス



出版の電子化が一般化するにつれて、色々な要求が市場から上がるようになってきました。 印刷物では当たり前の様に行われている個別ユーザに対する郵送配布を電子出版システムで行おうとすると意外に面倒な問題が生じます。コンテンツをアプリケーションとしてモバイル端末に配信する電子出版サービスのなかで、特定ユーザのみが閲覧できるためには、ユーザ認証などが必要となり、通常のストアサイトでは行うことが出来ません。会員向けの会報誌を会員のみに無料配布を行う、会員向けと一般向けで内容と価格を変えるなど、ユーザによりコンテンツを制限するのはユーザ認証の開発などが追加で必要になり、コスト的にも容易ではありません。しかし、PressPadの電子出版サービスを活用すれば、そのような様々な問題をすべて解決でき、誰でも簡単に始められます。



※読者認証サービスとは、電子出版サービスで特定ユーザ向けに会員情報、プレミア客向け冊子、部外秘通達の配布、社内向け広報などに使う事が出来るサービスです。









① PressPad内に専用サイトを構築しアプリのダウンロードを行う。



② アプリのダウンロードの際に認証プロセスを行い、ダウンロードの可否を決定する。



③ ダウンロード後、ユーザはアプリのアイコンを開くと、通常のPressPadのアプリと同様に使う事が出来ます。



≫ 追加サービスとしてPressPadのサービスメニューとして提供されます。



≫ 有料誌、無料誌のどちらでもサービス提供できます。



≫ サーバ、専用サイトの構築、維持管理費用が発生します。







PressPadの電子出版サービスはアプリケーションです。 動画や音声はもちろん、コンテンツ検索、購読制御、セキュリティ保護、互換性保障、読者との直接的コミュニケーションなど、多くの使い方が考えられます。電子化はデジタル化であり、単なる紙に記した記号からコンピュータが読めるプログラムになる事を意味します。





<< 戻る