iBeacon技術やQRコードを活用したアプリの販促





2017年4月7日~9日に開催されたマリンダイビングフェアー2017(東京・池袋)において、イベント主催者である株式会社水中造形センター様とともに、イベント会場におけるアプリの販促の実証実験が行われました。



株式会社水中造形センター様発行の月刊雑誌「マリンダイビング」の電子書籍アプリの販促のため、次のような販促活動が行われました。



◆ iBeacon技術を活用した無料閲覧サービス「PressPad Lounge」を会場内に設置。

◆ イベント期間中にアプリ内でイベントパンフレットを無料配信。

◆ アプリのダウンロードURLが登録されたQRコード付販促カードを会場内で配布。









来場者が自身のスマホやタブレットでアプリを簡単に

インストールできるようにQRコード付販促カードが配布されました。









イベントセミナー開始前にはアプリのダウンロード方法や

無料閲覧サービスについてアナウンスも行われました。









無料閲覧サービスは主にイベント会場の休憩エリアに設置され、

提供エリア内にはパンフレットが設置されました。






販促の効果



3日間のイベントで通常の約5倍のアクセスとアプリのダウンロードが行われました。イベントにはアプリの潜在ユーザー(読者)が多く集まるため、イベント期間中にこのような販促活動を集中して行うことは、非常にコストパフォーマンスが高いということが証明されました。





<< 戻る