PressPadとは

モバイル電子出版で世界市場をリードする
PressPadは2010年にポーランド・クラフクに本社を置き、最初の海外拠点として2014年に日本でサービスを展開する。
新規ビジネスでは、日本市場の要求が世界に先駆ける答えであると考え製品開発とサービス提供をしています。
IT・モバイル技術を駆使したサービスで今までにない電子出版を超えるモバイルソリューションサービスを提供します。

電子出版業界の現状

インターネットの急速な普及により電子メディアによるコンテンツの流通が主流になると見られる現在、
電子出版サービスが大きく変わろうとしています。
既存の電子出版サービスの価格モデルは、初期費用に数十万円と月額数万円の利用料、さらに3~5割のレベニューシェアと
いうものが一般的で、さらに専任スタッフも必要でした。
これでは手軽に電子出版ビジネスに参入することはできませんでした。
2014年、PressPadは、「初期費用なし、運営費なし、レベニューシェアーなし」の、ゼロコストで電子出版サービスを提供する
画期的なサービスを始め、業界に大きな衝撃を与えました。

日本初の電子出版サービス「PressPad」の登場




PressPadの電子出版サービスが提供する「初期費用なし、追加費用なし、売上100%還元、固定月額費だけ」という
電子出版サービスは画期的であり、今までコストの問題により導入を見送っていた
出版社様にとっては最適なサービスとなっております。
PDFファイルをアップロードして頂くだけで、あとはPressPadがアプリの作成からApp StoreとGoogle Playへの
掲載・運営管理まで、全ての作業を代行いたします。
専門知識や専任スタッフは必要ありません。
PressPadにご連絡頂いたその日から最先端の電子出版サービスが現実のものとして事業に加わります。

日本初の新たなサービスを開始
PressPadの電子出版サービスは、日本の他社には真似のできないものであり、発表以来大きな反響を頂いております。
PressPadのサービスは日本の電子出版ビジネスを加速させ、より多くのユーザにコンテンツを配信できる
世界標準のプラットフォームを提供してまいります。 2015年、PressPadはiBeaconのサポート機能を加えた、Loungeサービスを開始し、コンテンツ配信の分野を多きく広げました。電子出版を超えるコンテンツ配信サービスを手軽に、そして低価格で実現する各種のビジネスソリューションの提供を始めました。 PressPadの提供する新たなソリューションにご注目下さい。

PressPadの特長

1. 世界標準の3大ストア(App Store、Google Play、Amazonアプリストア)に掲載できます。
2. iOS、 Android標準アプリの生成、ストア掲載から運営管理まですべてPressPadが代行いたします。
3. PDFをアップロードして頂くだけで完了するため、専門知識や専任スタッフは不要です。
4. ストアーからの売上は全額お受け取り頂けます。
5. ダウンロード数や売上がより向上するように販促活動を支援します。
6. 毎月発行されるレポートにより、販売状況の把握・分析が簡単に行えます。

運営会社

PressPadとはポーランド クラクフに本社を置くモバイル電子出版関連のソフトウェア開発会社であるPressPad sp. z o.o社が開発、提供するサービスです。
PressPadは日本進出のパートナーとして株式会社デー.アンド.イー社と日本総販売代理店契約を締結し、日本のお客様向けに本サービスを提供しております。
PressPad社(PressPad sp. z o.o)の詳細については、本社HPをご覧ください。


 社名  株式会社 デー.アンド.イー(PressPad 日本総代理店)
 所在地  〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー15階
TEL:03-5456-5151(代)  FAX:03-5456-5511
 設立  1980年2月
 代表取締役  勝田浩光
 業務内容 1. 電子出版関連の販売代理店業務
2. 国内外企業の事業支援及びコンサルティング
3. ウェブサイト、出版物、印刷物の企画、デザイン、制作、翻訳及び編集
4. ソフトウェアの企画、開発、制作及び販売
5. 広告、宣伝、セールスプロモーションの企画及び制作
6. 各種イベント、セミナー、研修会の企画及び運営
 資本金  15,000,000円
 沿革  1972年、イリノイ工科大学のCAD/CAM研究グループを母体に設立された
国際共同研究開発機関(CAM-I)の日本支部として発足しました。
そこでの活動を通じて培われたノウハウをベースに、文化や習慣の違いを乗り越え、
正確かつ理解しやすいドキュメンテーション・テクノロジーを提供以来、お客様の
マーケティング・テクニカル・スタッフとして、つねに最新・最善のソリューションをお届けしています。
電子出版の申請