社内ユーザー向け企業内情報配信システム

PressPadのモバイルパブリッシングシステムを企業内ユーザ向けに提供
PressPadのシステムはPDFをアップロードするだけでコンテンツをIOSApple)、Android端末向けのアプリとしてAppStore, GooglePlayの公開ストアサイトに掲載し、電子出版を行います。通常はApple, Googleなどのアカウントを使い有料誌を一般ユーザ向けに販売、課金する事を目的にしております。内ユーザを対象にする企業内出版では販売/課金の必要はないのでApple, Googleのストアサイトを経由せずにPressPadのシステム内に専用ストアサイトを構築、配信する事でコンテンツのセキュリティ、購読者の制限などを備えた社内電子出版サービスが手軽に実現します。

PressPadのサービスを企業などの特定ユーザ内に限定して提供します

              -Public Store (Apple, Google) でなく専用ストアーからのサービス提供です

              -社内広報、手順書などの社内コンテンツの配布が主の為、課金機能はありません
              -PressPadSaaSとしてサービス提供します、また関連会社への再販も可能です

       -企業内ユーザに対して、会議室、オフィースなどの場所によるアクセス制限ができます
            
-PressPad
の標準サービスにオプションを追加する事で実現できます。(Lounge, Extra!を追加可能)

                          
電子出版の申請

企業内ユーザに対するモバイルパブリッシングサービス

サービスの詳細

1.      PressPadのクラウドシステム内に専用アカウントを作り、このアカウントに企業内ストアサイトを構築します。

2.      ユーザはコンテンツをPDFファイルとしてPressPadシステムにアップロードします。

3.      IOSとAndroidのアプリに変換され企業内ストアサイトに掲載されます。

4.      ユーザは指定URLにアクセスし認証プロセスを経て初めて専用サイトに入る事ができます。

5.      専用サイトに入るとアイコンが作られ、次回からは認証なしにアイコンから専用サイトに入れます

6.      Loungeサービスでは、Beaconを会議室などに設置するとBeaconに反応しBコンテンツが閲覧可能になります。

7.      管理ダッシュボードを使う事でコンテンツのアップロード、機能の設定、履歴などの運営管理が可能となります。

企業向けCAサービスについて3通りの手段があります。

1.   企業向け専用ストアサイトをPressPadシステム内に構築し、PressPadがサービス・サポートを提供します。

2.   企業自身が運用管理を行なえるように、管理コンソールを提供します。

3.   大規模ユーザ向けには、SaaSの基本ライセンスとユーザサイズに応じた提供も可能です。

使用するサービスの費用

1、  社内誌に対するパブリッシング費用              10,000円(月額) PressPad標準サービス(e-Book SERIAL

2、  カスタムサポートサービス                     48,000円(月額)

3、  管理コンソール                                  24,000円(月額)

4、  PressPad Loungeサービス                  68,000円(月額)           PressPad標準サービス

5、  初期費用                                          650,000円(専用サイト構築、Beacon設定、コンソール設定)

6、  システム維持管理費用                             24,00064,000円(月額)          

 システムの概算:

- 100タイトルを専用サイトに掲載、社内の認証されたユーザのみが閲覧ができる。

              月額費用:172,000          

              初期費用:420,000 

-      コンテンツを社内の認証されたユーザが閲覧でき、役職者のみ会議室で人事情報を閲覧できる

        月額費用:340,000          

        初期費用:650,000          

⋆費用は目安としての概算です