PressPadが提供するモバイルマーケティング

新たなMobileコンテンツ配信サービスでユーザーに情報発信


Mobileに向けたマーケティング戦略
   PressPadなら実現できます
IOS, Androidコンテンツをアプリとして配信するPressPad電子出版サービスはコンテンツ配信に新たな革命をもたらしました。ただ読むだけだった書籍をデジタル化をしてプログラムとしスマート端末(モバイル)と連動して使う事により、必要な情報を目的の相手に場所と条件により配信する事ができます。 電子出版は「書籍販売から配信ビジネス」に大きな変化をしようとしています。
そして、そのコンテンツ配信インフラは場所とユーザを限定した情報発信を可能とし、今までにないモバイルマーケティングを実現します。

電子出版の申請


電子コンテンツは読み物からアプリケーションへ

電子コンテンツはデジタル化により文章を伝えるデータからプログラムとして動作する電子アプリケーション(アプリ)へと変貌しその機能を飛躍的に高めています。
Appleスマートフォンに搭載されたiBeaconの技術は正にそれを象徴するもので、端末がビーコンの電波を受信すると、電子書籍アプリ内の有料コンテンツを無料で閲覧できる制御を行うサービスが可能になりました。
このサービスはコンテンツの配信を、ラウンジ、ショールーム、イベント会場、クラスルームなどのエリア内だけの特別なサービスとして提供することにより、設置エリアへの誘導・集客のみならず、訪れた客にクーポン発行、限定情報提供などが行え、コンテンツ配信の可能を大きく広げます。



PressPadはE-PubからMobleマーケティングまでをカバーします

電子出版はストアメディアの選択が重要です。互換性の確保と拡張性を考えると世界標準のApple、Google、Amazon に互換性のあるアプリでコンテンツを電子化できる電子出版サービスを選択しなければなりません。標準化により日本国内だけでなく世界中で使われているすべてのスマートフォンやタブレットで閲覧できるため、リアルタイムで全世界のユーザに配信する事が出来ます。
このPressPadの基本コンセプトの上に、iBeaconによるロケーションマーケティングを行う Lounge 、オンラインコンテンツであるWebサイト、ブログなどとのコラボを可能にする News 、自前Storeサイトでの販売を可能にする Store などの新たなサービスにより1つのコンテンツがApple,Androidのモバイル機器でも、ブラウザーベースのPC端末の上でも利用が可能となります。

  ---------  ---------


電子出版ビジネスからコンテンツ配信へ

弊社は電子出版の参入障壁を低くして、電子出版を活用したビジネスをより早く・より簡単に行って頂けるよう、市場の発展を想いサービスを展開しております。PressPadをご利用のお客様からは多くのご相談を頂いており、弊社が長年培ってきたIT関連のノウハウやリソースを軸にご要望に併せたビジネスをご提案・ご支援させて頂いております。
ITを活用したビジネスは費用対効果が高く即効性があるのが特徴です。その内容は、多言語電子出版、iBeaconを活用したエリア内情報配信、再販プログラムや広告宣伝ツールとしての活用など実に様々なものです。これらは基盤である電子出版が手軽に運用できているからこそ、実現可能となります。
詳しくは以下の「配信ビジネス」の事例紹介をご覧ください。

電子コンテンツは端末を選ばないアプリケーションへ

電子コンテンツはデジタル化により文章を伝えるデータからプログラムとして動作する電子アプリケーション(アプリ)へと変貌し、その機能を飛躍的に高めています。PC端末は勿論、移動通信(Mobile)の発展はスマートフォンの普及により全てに人に、何処に居ても情報を伝える手段として定着しています。PressPadは、このインフラとコンテンツの配信に多くの可能性を創り出し、情報配信とマーケティングツールとしての利用を簡単でコストを掛けず実現できるサービスの提供を目指しています。



PressPadはE-PubでのMobile技術を核に、デジタル書籍の配信から色々な事が出来るアプリケーションのサービスを開発しております。 最も重要なコンテンツ資産を有効利用する為にも標準ベースに機器やOSに依存しない新たなサービスを標準プラットフォームの上に構築しております。
 PressPadのLounge、News、Store などの新製品はコンテンツの新たな利用の可能性を開き、利用者に今までにない情報提供の手段を与えます。


J

PressPadでの配信ビジネスの事例紹介

詳細事例と紹介



電子書籍は単に紙を電子化しただけのデジタル書籍から、色々な事が出来るアプリケーションへと変化しています。
動画や音声はもちろん、コンテンツ検索、購読制御、セキュリティ保護、互換性保障、読者との直接的コミュニケーションなど、多くの使い方が出来る様になります。 
電子化はデジタル化であり、デジタル化はプロセス化を可能とし、単なる紙に記した記号からコンピュータが読めるプログラムになる事を意味します。 デジタル化の正しい選択をしなければ電子出版の将来を大きく変えてしまいます。

PressPadは電子出版の先を行きます

電子出版はストアメディアの選択が重要です。互換性の確保と拡張性を考えると世界標準のApple、Google、Amazon に互換性のあるアプリでコンテンツを電子化できる電子出版サービスを選択しなければなりません。
標準化により日本国内だけでなく世界中で使われているすべてのスマートフォンやタブレットで閲覧できるため、リアルタイムで全世界のユーザに配信する事が出来ます。
また、各種ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Facebook、Twitter等)やWebアプリなどといったオンラインサービスとの連携により、あらたなサービスへの対応性とコンテンツの潜在価値を高めるためにも標準化とアプリ化は重要なキーワードです。



電子出版の申請