フリーペーパーのエリア限定配布サービス

PressPadはフリーペーパの電子出版を月定額でApple,Googleサイトに掲載します

PressPadの電子出版サービスはフリーペーパも配信できる数少ないサービスです。通常の電子出版ストアサイトでは売上のない無料誌を発行することはできません。 しかしながら、自社でiOS、 Androidのアプリを制作しサイトを立ち上げるコスト的にも技術的にも極めて難しい事です。 PressPadは原稿のPDF版をアップロードするだけで、世界標準のAppStore, GooglePlayそしてAmazonKindleから配信ができます。
電子化により、ハイパーリンクの設定、ビデオ、サウンドの組込みが可能となり、広告メディアとしての価値を高めます。また、アプリのダウンロードによりPush配信を使い“お知らせ“を送るなど新たなマーケティングが可能になります。


電子出版の申請

Beaconを使い「ローケーション・マーケティング」が可能に

PressPad LoungeBeaconを使い配布場所に意味を持つフリーペーパを発行できる仕組みを提供します。遊園地、展示会、観光地などに密着したフリーペーパはありますが、印刷、出版、在庫などの費用が掛かり、また配布場所の確保、管理も容易ではありません。 Beacon機器は電源も配線も必要としないため簡単に設置ができ、広告主に対して場所、地域に密着したピンポイントの広告を提供できます。 ネックと言われるアプリのダウンロードを促す為にも、スポンサーの商品や施設のクーポンを提供することでダウンロードのきっかけを作る事になります。

フリーペーパでファション展示会やイベントの特集を行う時に広告主向けの個別サービスとして期間限定でイベント、店舗、展示会などに購読者が来るとBeaconが反応し、広告主の限定情報を独占的に流す仕組みを提供する。

これを特別料金の企画として提案し、他では出来ない新たな広告商品として販売が可能となります。

これによりフリーペーパ発行側の価値を高めるだけでなく、印刷、配布場所の確保、維持管理、在庫などの問題も無くなり、印刷コストの削減、サービスの向上、広告主への反響増加などが期待されます。 またユーザのアプリダウンロードにより、Push通信機能で更新のお知らせを送るなど、後日にユーザとの接点を確保する事ができます。

電子化は媒体を配布するだけでなく、アプリとしてフリーペーパの新たな可能性を広げる事ができるのです。

 

サービスのメリット

1.      AppStore, GooglePlayAmazonKindleのストアサイトに掲載、管理運営を月定額(2万円~)で行います。

2.      フリーペーパの配布をインターネットで行う事により、動画、音声、ハイパーリンク、Push通知などが使えます。

3.      配布メディアの多彩化でフリーペーパの価値が高まります。

4.      配布場所に限定した情報発信する「ロケーション・マーケティング」が可能となり、広告主の選択肢が広がります。

5.      運営はPressPadにお任せで、印刷コスト、配布、在庫に心配せずにタイムリーな広告ビジネスを展開できます。 

想定される費用

1、  フリーペーパの電子出版費用               20,000円(月額) PressPad標準サービス(Pro サービス)

2、  ストアの追加                                     12,000円(月額) GooglePlay, KindleFire

3、  PressPad Loungeサービス                  58,000円(月額)   PressPad標準サービス

4、  初期費用                                          098,000円  (Beacon設定)

⋆費用は目安としての概算です

Proサービスの概要